Skip to content

デジタコの種類について

デジタコは、自動車運転時の速度や走行時間・走行距離など様々な情報をメモリーカードに記録する運行記録計のことです。

デジタコは大きく分けると、単機能型と標準型・多機能型の3種類があります。まずはシンプルな単機能型について、こちらは名前の通り機能を最低限のものに絞ることで価格を抑えています。シンプルな分価格も安く、速度・時間・距離の法定3原則と簡単な運行管理しか行うことができません。単機能型のメリットとしてまず挙げられるのが、やはり他のタイプと比べると価格が安いことです。標準以上のタイプだと導入する際に30万円以上かかることも少なくありませんが、単機能型なら5万円から手に入れることができます。シンプルな作りになっているため操作も簡単で、初めてデジタコを使用する人にもおすすめです。

まずは、実験として導入したいと考えている会社にも適しています。続いては、単機能型の機能にプラスの機能が備わった標準型が挙げられます。標準型とは、法定3原則の取得だけでなくドライブレコーダーと連携をしたり基本的な帳票を出力することができます。ドライブレコーダーと連携をすることで事故発生時の記録が可能となり、事故の再発防止に役立ちます。単機能型よりも機能が優れていますが、単機能型のようなシンプルさもあり使い勝手が良いところが魅力です。急ブレーキを踏んだ瞬間や事故発生時の瞬間を記録することができるので、運行会社に適しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *