Skip to content

運行管理が容易になるデジタコ

デジタコはタコグラフをデジタル化したもので、それまでの円盤状の記録シートに記録するアナログ式と比べて格段に運行管理をしやすくすることができるものです。

デジタコではそれまでのタコグラフと同様に法定三要素である車両の速度、時間、距離の3つをデジタルデータで記録するため、記録シートを確認して運行状況を確認するという必要がありません。メモリーカードに記録できるデータの量も多いため定期的な交換も必要なく、データ通信と組み合わせることで自動的に管理を行うパソコンに送信することも可能です。デジタコといっても法定三要素を満たしているだけでなく、さまざまな機能を付与したものもあります。そのような高機能なものの場合には価格が高くになってしまいますが、運行管理にかかる手間を削減することができるものです。

ドライブレコーダーと組み合わせて映像を記録したりGPS位置測位システムのデータを組み合わせることで、装置を設置した車の移動情報を可視化して見ることができます。これらのデータはメモリーカードに記録するだけでなく通信で送信することもでき、通信費がかかりますがリアルタイムでその車の動きを把握するといったことにも活用することが可能です。一方で、高額な費用を支払う必要がないようなケースでは、従来のタコグラフよりも安い価格で導入できる安価なモデルも登場しており、以前と比べるとタコグラフの導入が容易にできるようになっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *