Skip to content

優れた機能性で効率アップできる最新のデジタコ

運送業やバスを運行するような業種では、車体の大きさにより違いはありますが、デジタコを各車両に取り付けることが義務化されています。

かつてはチャートを用いたアナタコが普及していたものの、データ改ざんを行うことができないデジタコは非常に機能性が高い機種です。複数の会社からデジタコのシステムが発表されていますが、最新機種の場合はクラウド式がメインとされていて、ドライバーがボタンを押すことで利用をスタートできます。運行日程も自動化することができ、無理な仕事をしてしまうことも無くなるので、交通事故を起こしてしまう危険性も少なくなります。当然ながらGPS機能により、トラックが走行中のルートをリアルタイムで確認でき、走行時速や停車時間など運転に関する全てのデータが記録されます。急加速や速度超過なども記録されることにより、常に安全運転に徹することができる機能や、運送業としての効率アップもにも貢献できるシステムです。

エンジン回転数やアイドリングの状態まで確認できる最新機種では、導入することにより、いわゆるエコ運転を行うことができ、その結果燃費を良くすることができるので会社側の経費の負担も減らせます。運行日報は全てクラウドシステムに自動登録が可能になることから、仕事が終わり会社に戻った後の手間を全て無くせるメリットもあります。集計や各データはプリントアウトするだけで紙媒体でも残すことができる機能性もあり、全てが簡単操作できることも魅力的です。国土交通省の助成金対象とされるデジタコも最新型には対象品があるので、この点も確認した上で導入を決めることが最適なシステムです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *