Skip to content

デジタコ設置にあたっては

デジタコの基本的な機能としては、運行管理があげられます。

その具体的な内容としては、速度と時間、距離の集計がそのベースになっています。そして、そのベースデータに加えて瞬間速度や燃料の測定、記録に基づいた運転支援、クラウドを利用した遠隔地でのリアルタイムの運行管理、IC運転免許証の認証や運転者識別などを活用した運行者単位での運行管理の徹底などが可能です。そのため、デジタコを活用することで動態管理全般がスムーズに行えるようになる点も、デジタコ設置の大きなメリットと言えるでしょう。なお、その際には細かい機能の違いによってさまざまな種類のデジタコが販売されています。その便利や義務化により需要が高まった結果として、非常に多くの機種が世の中にはあります。

どのような用途や機能が欲しいかによってどの機種が最適化をよく検討したうえで購入するのが良いでしょう。たとえば、まずは1日単位の管理を行いたい場合は単機能型のものを、さらに装着義務拡大をきっかけとして安全運転の見直しや経費削減などのより踏み込んだ業務の効率化まで行いたい場合は多機能型のものが最適です。

また、デジタコの中にはドラレコ機能がついているものも存在します。合わせて導入を検討する場合はそのような機種を選びましょう。このように、その設置にあたって使える予算とどのような課題解決を目的としているのかを事前にしっかりと明確にすることが重要です。逆に言えば、そこが明確でなければ無駄な費用や時間がかかってしまいます。注意しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *