Skip to content

デジタコ導入時の流れ

デジタコは、自動車運転時の速度や走行時間・走行距離など様々な情報をメモリーカードに記録する運行記録計です。

将来的に、事業用車両のすべてにデジタコを搭載することが義務化される可能性があります。そのため、まだデジタコを搭載していない会社でも今後のために流れを理解しておくことが望ましいです。まずは、インターネットなどを使って検索をして気になる機種を探します。機種が決まれば、電話な公式サイトのお問い合わせフォームからメーカーに問い合わせる必要があります。メーカーから返信があれば、具体的な訪問打ち合わせの日程を決めます。実際に会わなくてもいいのではないかと思われるかもしれませんが、できるだけメーカーの人の会って話をしておくことをおすすめします。

メーカーによっては複数の機器を販売しており、打ち合わせの際に詳しい話を聞いてニーズにあった適切な商品を紹介してくれます。また、可能であれば複数社と打ち合わせをして一番納得のいく会社で今日購入することをおすすめします。メーカーと機種が決まれば、いよいよ取付施工に移ります。いざ使うときに使い方が分からないということがないように、事前にドライバーと管理者の双方に使い方を説明してもらうと良いでしょう。さらに、実際に使用していく中で不明点があればきちんとフォローしてもらえるメーカーかどうかも見極める必要があります。このように、デジタコを導入する際は段階を踏んでいく必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *