Skip to content

デジタコは優れている

デジタコとは、正式名称がデジタルタコグラフで車両に搭載する運行記録計です。

自動車のトランスミッションを通過した情報を記録し、走行時間や走行速度を自動的に記録してくれます。最新の機器であれば、急加速や急ブレーキ・GPS・ドアの開閉まで検知してくれます。また、ドライバーの運転について詳しい情報を確認してくれるため、運送会社にとっては非常に助かるシステムです。特に大きな会社であれば社員の運転を正確に管理し続けることは困難であるため、デジタコを使えば効率的かつ正確に情報を得ることができます。デジタコの搭載は国土交通省によって推奨されており、義務化へと範囲が広がってきています。

ドライバーにとっても気を引きしめるきっかけとなり、交通事故を減らすことに繋がります。また、交通事故を減らすだけでなく蓄積されたデータを渋滞発生のメカニズムや安全対策に役立てることも可能です。デジタコの使い方は非常に簡単で、ドライバーが出発前にメモリーカードを挿入すると記録されるようになっています。

帰る時は挿入したメモリーカードを抜いて、管理者に渡せば良いだけです。複雑なやりとりはないため、機械に弱い人でも安心して利用することができます。このような簡単なやり取りで、運転時間・距離・速度・急加速や急減速の有無・アイドリングデータなど様々なデータを算出してくれます。このように、デジタコを使用することで運送会社に様々なメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *