Skip to content

デジタコを使うメリットについて

デジタコを利用するメリットとしてまず挙げられるのが、データの確認が容易になる点です。

デジタコは1998年に実用化されて、それ以前にはアナタコというものがありました。アナタコは、搭載車両の運行距離や速度・時間を記録することができました。しかし、計測データは円グラフの表示になりその解析には専門的な知識が必要だったため時間がかかっていました。デジタコはアナタコのマイナス面であった記録データの解析に専門的知識を必要としないため、素早い解析が可能です。事前に解析ソフトの導入やシステムを構築しておくと、誰が見ても記録内容がわかるような文字や数値で表示されます。例えば、ドライバーの場合はメモリーカードを挿入したり取り出すだけになり仕事の効率化につながっています。

また、運行距離や速度・時間の3要素だけでなく急加速や急減速・アイドリングの有無や燃費計算・GPS情報も記録することが可能です。すべての仕事内容を詳しく管理されているので、手を抜いたり雑な仕事はできません。特に大きな会社であれば、常に1人1人の従業員を管理することは難しいです。しかし、そのまま管理を放置すると従業員のやる気が無くなり大きなトラブルを引き起こす可能性があります。このような事態を防ぐために、従業員の管理を代わってやってくれるデジタコを使用している会社が多いです。従業員も常に見られているという危機感から、雑な仕事をしたり危険なことをしないようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *