Skip to content

運転の記録に役立つドライブレコーダー

自家用車を運転する場合や、事業用の車を運転する時には、ドライブレコーダーを導入することで事故時の映像を記録したり、様々な証拠を記録しておくことができます。

まず強い衝撃があった時にはその前後の映像が記録されるという定番のものから、運転をしている時間中はもちろんのこと、停車中の映像も記録できるものがありますので、車にいたずらをされることがあったり、停車時に何かトラブルがあったときにも確実に証拠をおさえられます。近年増加傾向にあるあおり運転対策として前後にカメラを設置して映像を録画でき、その映像は高画質動画として他の端末でも再生できるタイプのものが存在しますので、被害にあう前に取り付けをすると良いでしょう。

ドライブレコーダーは取り付けが非常に簡単であり、フロントガラスや車の天井にワンタッチで取り付けられるタイプのものや、ダッシュボードの上におき視界を遮らずに使えるものまで様々です。利用用途に合わせたドライブレコーダーを使えば事故時にどちらに責任があるのかを決めるのにも役立ちますので、運転手を様々なトラブルから守ってくれます。

装着してあることでの抑止力もあり、犯罪に巻き込まれる可能性を少しでも低減できます。ドライブレコーダーは普及前は高価でしたが現在では格安ラインナップのものも多く、10000円以下で購入できるものも少なくありません。ドライブを快適にするためにも、まずはドライブレコーダーの購入を考えてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *