Skip to content

ドライブレコーダー設置のメリットデメリット

ドライブレコーダーを設置するにあたっては、メリットもあればデメリットも存在します。

そのため、その両方をある程度理解し納得したうえで購入を検討することが重要です。そもそもドライブレコーダーは、自分の運転の様子を撮影する機能を備えた装置のことです。つまり、ドライブ後その動画を楽しめる点がその設置にあたっての最大のメリットと言えます。また、ドライブレコーダーと聞いて多くの人がイメージする事故の状況記録としての役割も重要なものです。事故前後の動画を残すことができるので、事後の処理に有用です。さらに、あおり運転対策に対する効果も期待することができます。

特に、後方カメラ付きのものであればあおり運転の重要な証拠となることが、レコーダーに対する需要が高まった最大の理由とも言われています。その際には目立つところにカメラを設置することで抑制効果も見込めておすすめです。ただし、このような魅力的なドライブレコーダーではありますが、設置にあたってはデメリットも存在します。一般的にフロントガラスに取り付ける必要があるので、視野の妨げになる点には注意が必要です。運転の支障にならない機種を選ぶようにしましょう。また、安いドライブレコーダーの中には電磁波対策が不十分な機器もあります。その場合、その設置がカーナビの動作やカーオーディオの雑音、カーテレビのノイズなどの原因になりえます。快適なドライブの邪魔になってしまわないよう機種は慎重に選ぶことが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *