Skip to content

ドラレコとはどんな時に役立つ?

ドラレコとは、運転中の映像や音声などを記録しておく車載カメラのことをいいます。

正式にはドライブレコーダーになります。ドラレコとは車のフロント部分に取り付けて、車の前方や車内の様子を撮影・記録するものです。あおり運転が社会問題化したこともあり、注目度が高まっています。ドラレコがあると、交通事故に巻き込まれた際などに役立ちます。車がどのような動きをしたのかが全て記録されているので、事実をきちんと把握することができるからです。

交通事故では当事者は自分の有利になるように話をすることも多く、相手から責任を擦り付けられてしまう事もあります。しかし、映像として記録されていれば、そういったトラブルは防げます。また、ドラレコとは、交通事故の処理をスムーズにするのにも役立つ機器です。交通事故の処理には、当事者の記憶をたどったり目撃証言を集めるなど手間がかかることも多くあります。しかし、パニックを起こしていて記憶が曖昧だったり、思い違いをしていることも珍しくありません。

罪を逃れようと嘘をついてしまう人もいます。ドラレコを設置していれば、事故原因がすぐに究明されるので事故に関する事務処理もスムーズにいきます。そのため導入しているドライバーも多く、導入を検討している人も増えています。法人が利用する場合にも、責任の所在が明確になると好評です。従業員がどのような運転をしているのかも検証できるので、事故防止にも役立ちます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *