Skip to content

デジタルタコグラフで法令を遵守

タコグラフはトラックといった営業用自動車に関する運行時間や速度変化などグラフ化したものです。

車両稼働を把握するため車に搭載している運行記録用計器で、法律に基づき道路運送車両の保安ルールがあります。運行記録計として義務づけた車種や、どのような機器を取り付けるか義務付けられています。数十年間をかけ路線バスや路線トラックなどに装着されるようになり、アナログタコグラフの導入が進み国から認定されました。

アナログタコグラフは円形の紙で、走行距離や速度、時間など運転状況を記録することが可能です。円形グラフの線の動きが描かれていて、それに基づき運行情報を確認することができます。線の動きを分析しなければならず、情報を読み解くための知識が必要です。アナログタコグラフはデータにより遵法管理することが難しいことがあるでしょう。デジタルタコグラフはこのタコグラフをデジタル化したもので、これを情報媒体としてIT関係機器や環境などを利用することができます。

データの読み取りが簡単で、保存について再利用が可能です。デジタルデータとして保存することができ、読み取り装置で解析すると法定速度による運転や休憩時間といった法令を遵守しているか確認することができます。デジタルタコグラフは労務管理にも活用することができ、位置情報を検索することが可能です。デジタルタコグラフはタコグラフと同じく、基本的な速度や時間情報、ドアの開閉やアイドリング情報も取得することができ、ETCと連携できるので便利です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *