Skip to content

デジタコをクラウド化すればメリットも大きい

デジタコをネットワークとして使っている企業は少なくないですが、クラウド化することにも一定のメリットがあります。

まずデジタコをクラウド化すると、運行記録の情報をすべてサーバー上にアップロード出来ますので、保管のスペースが必要ありません。必要なデータは全てオンライン上から取り寄せることが出来、それぞれのドライバー別の運行情報をリアルタイムで閲覧することが出来ます。

クラウドのデジタコでは運行日報を作らなければならないときにも、指一本で発行できる仕組みのものが多く、従来ならば詳細を書き留めなければなりませんでしたが、その作業が必要なくなるので、ドライバーの負担を軽減し業務改善が出来ます。万が一使用中の機種が故障した場合には、提供している企業側が修理をしてくれますので、システム上のトラブルから機種の問題まで、様々な問題を迅速に解決出来るのもメリットです。

クラウドにあるデジタコの情報はドライバー別日時別に見ることができるので、危ない運転をした経験があるドライバーに対しては、どの区間でどう気をつけて運転するべきかを指導できますから、燃費の向上やタイヤの交換頻度の削減にもつなげていけます。ドライバーを雇用している企業側に求められるのが安全管理ですが、位置情報を把握しながら指示を出したり、必要な時に指導ができるのもクラウドデジタコの特徴です。IT化を進めていくことでコストや業務を改善できるのは物流の業界でも同じことです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *