Skip to content

クラウド型デジタコのメリット

デジタコとは、タコグラフをデジタル化したものです。

アナログ式が記録紙を用いるのに対して、デジタル式ではメモリーカードなどが使われます。デジタルとしてデータが保存できるので、メモリーカードの再利用が可能です。記録されたデータを読み取ることで、ドライバーが法定速度で運転しているか分かります。加えて休憩時間の厳守なども明らかになり、就業管理の手法としても有効になるわけです。一方クラウド型のデジタコは、インターネットを通じてリアルタイムで運行状況を確認できます。

日報などが一括して出力できるので、運転者の労力削減にもつながります。何よりリアルタイム管理が可能なので、運転者の体調管理や安全管理に役立てられます。運行管理者にとって、車両をリアルタイムで把握できるのは大きなメリットがあります。しかもクラウド型デジタコは、特別な機材などは一切不要となります。インターネットにつながる環境があれば、直ぐにでも始めることが出来ます。

クラウド型デジタコで収集したデータは、様々な角度から分析を施すことができます。それが運用面での改善に役立ち、効率的な車両運用につながるわけです。クラウドシステムに関しては、随時アップデートされます。そうした面でも安心して利用できるものです。さらに本社であっても支社であっても、同じように操作することが可能です。パソコンが苦手な人でも安心して使えるのが魅力です。何より各営業所からのデータ漏洩の心配がなくなるわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *