Skip to content

クラウド型のデジタコのメリットとは

デジタコの中には通信回線を利用してサーバー等と情報をやり取りすることで、さらに多くの情報を得ることができる仕組みのものも少なくありません。

このタイプの場合には、従来のタコグラフや独立した形でのデジタコとは比べ物にならない様々な機能を効果的に利用することができるようになっています。その中でも最も効果的な機能を示すものは、GPSとの連携です。これまでのデジタコは様々な機能を持っていても、これが自らの中で完結する機能でなければならないと言う条件があったため、位置情報や映像の情報を取得した場合でもこれらを効果的に連携することが非常に難しいと言う実態がありました。

車両本体に設置したデジタコ本体にこれらの情報を記録する仕組みとなっていたため、その情報が取得できるのは車両に直接アクセスをしなければならないと言う問題があったため、情報の取得が遅れてしまうということも少なくありませんでした。クラウドを利用した場合にはセンターのサーバーにこれらの情報が送信され、外部からでもその情報をリアルタイムで取得することができるので、必要な時に必要な情報をすぐに取得できるというメリットが生まれています。

これらのクラウドの機能を利用することでデジタコが取得した情報を迅速に知ることができ、また様々な情報を整理する際にも非常に効率的に行うことが可能です。そのため、運行情報を把握し状況に応じて迅速に対処することが可能となるため、クラウドを利用することのメリットが非常に高く評価されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *