Skip to content

クラウド対応のデジタコならドライバーも楽になる

義務化されたことで多くの車両にデジタコが搭載されることになりました。

法律で決められたことだからと、ただ付けただけではもったいない便利な機能がたくさんついています。業務の改善のためには、使わなければもったいないものばかりです。特にクラウドタイプならさらに便利に使うことが可能です。クラウドタイプのデジタコなら、常にデータが更新されます。走行記録がサーバーに蓄積されるので、リアルタイムで走行記録を確認することが可能です。監視するための目的だけではなく、効率的な配車を実現できる環境と考えると、使い道は広がります。渋滞や事故を瞬時に把握して指示を出したり、急な注文に対応できる車両をすぐに探すことができるなど、とても便利です。

、クラウドタイプのデジタコなら1日の業務終了時にデータの受け渡しを気にする必要もありません。つまりドライバーは走ることに専念できるので、とても楽です。データの抜き出しは居合と面倒で、忘れて事務所に行くと、もう一度取りに戻らなければいけません。クラウドタイプのデジタコなら、事務所に戻った時にはすでにデータが届いていて、ドライバーは何も気にする必要がないので安心です。

また、集中管理にしてあればバックアップも容易で、渡したデータが消える心配もないので便利です。解析用のアプリケーションも備わっていることがほとんどなので、すぐに解析することができます。また、ソフトウェアの更新もクラウド上で行われるので、いちいち気にする必要もありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *