Skip to content

クラウド型デジタコで車両の運用管理の効率化

トラックやタクシーに乗ると、「デジタコ」搭載車のステッカーが貼ってあるのを見たことはありませんか。

このステッカーは、デジタルなタコメーターを搭載しているということです。基本的に営業車には、タコメーターが装着してありタコグラフによる運転記録がされています。デジタコは、ドライブレコーダーの機能を持った優れた機器です。しかも、最近はクラウドで記録のやり取りができるようになっているのです。デジタコで管理することで、何時何分にどこにいた、待機時間や残業時間などの労務管理もパソコンで管理する側は確認できます。

クラウド連携型のデジタコは、製品によって異なりますが、主にデジタコに記録されているデータをインターネット上でリアルタイムで確認することが出来るようになっています。多くの営業所がある場合でも、クラウドであればIDとパスワードで管理できますから集約した形でデータをやり取りできるのです。記録の情報管理のセキュリティについても個々の営業所が管理するより高まることが期待できます。

運転する人は、クラウド型を搭載した車を運転すれば、自動的に運転データを管理者と共有することで、日報作成などの煩わしい作業を省くことができるのです。管理者はどこにいてもクラウドを確認すればドライバーの状況や労務管理ができます。「インターネット環境」さえあればよいというのがとても便利になります。集積したデータを確認するだけで収支や労務管理・配車実績などを運用面で活用していくことができるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *