Skip to content

リアルタイムで状況がわかるクラウド型のデジタコ

車の走行状況などを把握するのに、デジタコを導入するケースが増えています。

この機器を搭載する事で、トラックがどれだけの距離を走行したのかを把握する事が出来ますので、ガソリンの使用量を知る事ができ、ランニングコストがどれだけ掛かっているのかを予測する判断材料にする事が可能です。また、ドライバーが長距離を走行する時に、健康を害するほど長時間運転していないか、休みをしっかりと取っているのかを確認する情報としても活用する事が出来ます。デジタコを搭載するのが義務化された背景には、トラックやバスを運転するドライバーの長時間労働の問題があります。

これを改善するには、デジタコを使って、トラックやバスの走行状況を把握し、労働時間を国で定められている労働時間に合わせる事が重要になってきます。デジタコをリアルタイムで記録・分析していきたい時には、クラウド型の物を選ぶと便利です。クラウドタイプのデジタコは、クラウドサーバと連携していますので、インターネット経由でサーバ上のデータベースに逐一記録されていきます。

クラウドサービスと連携している事で、サービスを利用するアカウントとネット環境があれば、パソコンやスマートフォンやタブレットなどの端末からアクセスする事ができ、データを見たり、そのデータを分析した結果を閲覧したりといった事が出来ます。企業がトラックやバスを安全に運行していくには、走行状況やドライバーの運転状況を把握しておく事が大切です。
クラウドやデジタコのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *