Skip to content

デジタコの義務化によりドライバーの負担を軽減する

Amazonや楽天市場などのネットショッピングの利用がますます広がっている現状、家にいながらにして商品が届くことが当たり前のようになっています。

しかし、Amazonのような業者から利用者のもとに荷物が空を飛んでやってくるわけではありません。荷物を運ぶ過程では多くの人が介在しており、その多くがトラック輸送に頼っています。トラックドライバーが全国津々浦々走ることで物流が成り立っているのです。物流業界では、トラックドライバーの人手不足がかなり深刻なことになっています。それには長時間労働・体力のいる仕事だというマイナスなイメージがつきまとうことにあるかもしれません。

全国を走る長距離トラックドライバーは、夜中に高速道路を走って翌朝目的地に到着するという仕事の流れがあります。日中も動いたりすれば24時間働きっぱなしなようです。この過酷な労働環境を見直すために、デジタコの義務化により客観的に働き方を見ることができるようにしようという動きがあります。寝不足や疲れが溜まった状態で運行を続ければ、事故を起こす確率は高くなるのは当然のことです。

大型トラックによる悲惨な事故の数々がそれを教えてくれます。デジタコの義務化により長時間労働の是正や適切な休憩を取らせることで、ドライバーの体の負担を軽減させることができれば、悲惨な事故もなくなることと思います。デジタコの義務化は大型トラックに加えて最大積載量4トン以上、総重量7トン以上のトラックにまで広がっていますが、後々は2トントラックにまで広がるかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *