Skip to content

デジタコ義務化により広がる未来

平成29年6月に国土交通省より「事業用自動車総合安全プラン2020」が策定されました。

これは、平成21年に策定された事業用自動車総合安全プラン(死亡者数半減・人身事故件数半減・飲酒運転ゼロ)を踏襲するものであり、軽井沢スキーツアーバスによる悲惨な事故の経験や、自動車の先進安全技術の急速な発展により、当該プランを大きく見直さなければならない現状がありました。軽井沢のスキーツアーバスによる事故は、バスドライバーの経験不足が大きな要因であったと考えられています。

また労働時間や日数など、労務管理がしっかりおこなわれていたのかも疑問があり、今後はドライバーの働き方を見直さなければならない時期にきているのだと思います。そのためにはデジタコの義務化が必須であります。デジタコを搭載することで、トラックが運行している間の速度・距離・休憩(速度ゼロとして記録)を管理者が客観的に見ることができます。運行管理を徹底することで事故による死亡者数を減らすことが最善であると考えられます。

デジタコ義務化は元々は大型トラックのみでしたが、平成26年度以降に大型車に次ぎ事故の多い総重量7~8トントラックに広がり、新車にのみ義務化であったものが既存のトラックにも義務化が広がっていきました。今後は高機能デジタコを普及させることで、アルコールチェック・ドライブレコーダー・健康機器との連携が行われるようになり、ドライバーを遠隔地からでも管理できるようになっていきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *