Skip to content

デジタコが義務化され、標準装備に

貨物自動車運送事業輸送安全規則によると、一般貨物運送事業者は運転者の乗務について一定事項を記録するよう義務化しています。

たとえば運転者の氏名や乗務した自動車の登録番号、乗務開始地点や終了地点などです。その際に運行記錄計(デジタルタコグラフなど)で記錄できる事項は、デジタコを利用しても良いと規定されます。また車両によっては、デジタコを利用して瞬間速度や運行距離、運行時間を記錄しなければなりません。その車両とは、車両輸送重量が7トン以上か最大積載量が4トン以上の普通自動車である事業用自動車です。

この大きさ以上の自動車を牽引する場合の、牽引する事業用自動車も同様ですし、特別積み合わせ貨物運送に係る事業用自動車も義務化されます。デジタコが義務化された背景には、長距離や長時間運送によって死亡事故や重軽傷をともなう事故が多発したため、運行記錄をつけることで事故防止につなげようとの目的です。デジタコを利用すれば、運転者が法定速度を守っているか、休憩時間を適切にとっているかなど容易に確認できるため安全管理や労務管理に役立ちます。

GPSによって現在地や急加速まで把握できるため、事業者にとってはきめ細かな運行管理や指導を可能にし、運転者にとっては安全意識が高まることで事故防止につながる点はメリットです。一方初期費用がアナタコと比較すると高くつきますし、従来よりいっそう運転者がストレスを感じやすい点はデメリットでしょう。デジタコのプラスおよびマイナス面を上手にコントロールしながら運用することが、事業者に求められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *